当院の犬猫の去勢・避妊手術はすべて「体に糸を残さない」手術です



多くの動物病院でもっとも行われている手術と言えば去勢・避妊手術だと思います。一般的な去勢・避妊手術では精巣や卵巣・子宮の血管を縫合糸で縛り、その糸を体内に残す方法が取られています。

しかし、ここ1〜2年の学会や論文でこの体内に残した糸が引き起こす「縫合糸反応性肉芽腫」という病気がたくさん報告されています。

あそう動物病院、Animal Care-Hospital ALOHAでは犬・猫の去勢・避妊手術はすべて糸を体に残さない手術です!この手術に対する追加料金などはありません。

縫合糸反応性肉芽腫

去勢・避妊手術が終わって数ヶ月後から数年後に手術した部分の近くが大きく腫れてきたり、おなかの中にガンのようなしこり(肉芽腫)ができたり、あるいは皮膚の様々な場所にしこりができ、そこに穴が開いて膿が出たりします。これらは体の中に残った糸に、体が過剰な異物反応を起こすことで起こると考えられています。
もし、このような症状が出たら、手術で再度糸を摘出しなければなりません。また、摘出が不可能なほど癒着している場合はステロイドや免疫抑制剤を飲ませてコントロールしていきます。この投薬はほとんどの場合一生の投薬となります。


左の写真は鼠径部(股の部分)が腫れて、膿が出ているという事で来院されたポメラニアンから摘出した肉芽腫です。しこりができている場所、そして過去に近くの獣医さんで去勢をしているという事から、この「縫合糸反応性肉芽腫」を疑いました。細胞診で細菌がいない無菌の膿汁と言うことを確認後、手術で摘出しました。


右の写真は摘出した肉芽腫を半分に切ったものです。少しわかりづらいですが、矢印の部分に縫合糸がありました。病理検査の結果、縫合糸に対する異物反応性肉芽腫、つまり「縫合糸反応性肉芽腫」でした。

この「縫合糸反応性肉芽腫」は様々な報告がありますが、50%がミニチュアダックスフンドと、ミニチュアダックスフンドは起こしやすい犬種だと考えられています。しかしそれ以外でもチワワやコーギー、シェルティー、プードル、パピヨン、ポメラニアンその他多くの犬種で報告されています。また、Mixの子でも報告がありますから、純血種のみに起こるわけでもありません。
どの子が「縫合糸反応性肉芽腫」を発症するかわかりませんから、体に縫合糸を残さない事が唯一の予防策となります。

体内に糸を残さない去勢・避妊手術


そこであそう動物病院では”体内に糸を残さない去勢・避妊手術”をすべての飼い主さんにおすすめしています。
ここ数年、人間の手術でも使われている「LigaSureSystem(リガシュア)」を使用して、安全に、そして確実に血管をシールし、体内に糸を残さない去勢・避妊手術が可能になりました。
この「LigaSureSystem(リガシュア)」を使った手術は手術時間も短くなりますから、麻酔時間が短縮できることも利点の一つです。

LigaSureSystem(リガシュア)とは


左の写真はLigaSureSystemを使って避妊手術を行っている写真です。ちょうど卵巣の部分をリガシュアの鉗子ではさもうとしているところです。本来はこの部分を糸で結紮します。


この写真はリガシュアで血管をシール(数秒)した後の写真です。血管とその周りの組織が透明にきれいにシールされていることがわかります。まさにシールです。シーラーでシールしたようになっています。

このLigaSureSystem(リガシュア)は900血圧まで耐えることができますので、糸による結紮と変わらない程度の血圧まで耐えることができます。糸は使いませんが非常に安全に手術を行うことができるんです。
リガシュアは、まだ動物病院では全国で30台程度(2006年12月現在)しか入っていない機械ですが、今後どんどん増えてくる器械だと思います。

これから去勢・避妊手術をお考えの飼い主さんは、ぜひご相談下さい。


わんこ、ねこさんのことなら
なんでもご相談ください

  • 犬や猫を飼い始めたので、いろいろ相談したい
  • 健康相談がしたい
  • 去勢・避妊手術について知りたい
  • 歯の治療について知りたい
  • 健康的な食事、暮らしについて知りたい
  • 犬や猫の腎臓病について相談したい
  • 血液透析について知りたい
  • 腹腔鏡の手術について相談したい

メールフォームでのお問い合わせ

お問い合わせはこちら

お電話でのお問い合わせ

あそう動物病院 084-930-0232

ALOHA 084-983-0232