昨日で動物医療センター・ALOHA、あそう動物病院、Que sera seraは2018年の仕事納めになります。
動物医療センター・ALOHAは今日はTNRの猫さん3匹の手術と予約の診療、急患対応と病院のアイドル猫にゃーす君の血液透析で最後までバタバタでした(^◇^;)
あそう動物病院の方も1日診察で最後の最後まで普段と変わらず、全く年末とは思えない日常の日でした。
結局今年も1年、日々の診療と手術で終わりましたが、個人的に今年成長したな〜と思ってるのは看護師さんです。
経験者の看護師さんが入ってくれたのもありますが、看護に関してもう一度見直して、より動物と飼い主さんに寄り添う看護をという目標の中、各看護師が自分の担当の動物たちの観察や飼い主さんと真剣に向き合ってくれました。獣医師と飼い主さんの間を埋めてくれてるととても感じていて、ほんとうに助かりました。飼い主さんからの看護師に対する感謝の言葉もたくさん頂き、本人たちもとてもやりがいを感じたのではないかと思います。
もっともっと成長したいという気持ちもすごく伝わってくるので、来年も本当に楽しみです。
毎日の診察から手術まで彼女たちがいてくれるから、ハードな仕事にも立ち向かうことができます。本当にありがたいことです。
そして、今年、そして来年と経験のある看護師さん、そして獣医師がチームに加わってくれることになっていますが、その理由が動物の痛みに対してとても考えていて、術後の動物が本当に穏やかだからとか、自分を成長させることのできる環境だからとか自分が数年前から力を入れてやってきた事に対して、ここで働きたいという気持ちを持って入ってくれることが何よりも嬉しいです。
来年もまた、動物、飼い主さんの気持ちを最優先に、そして少しでも動物が元気で、飼い主さんと大切な時間を過ごせるようにみんなで努力できる病院でありたいとおもいます。
看護師さんの提案で、毎朝「今日も1日動物と飼い主さんのためにがんばろう!」という掛け声で1日をスタートさせていますが、来年も1年、動物と飼い主さんのためにチームでがんばります!



写真は昨日輸血を行ったミニーちゃん。非再生性溶血性貧血の治療中です。貧血が深刻で治療の効果が出るまでの間、命をつなぐために輸血をしています。今年も沢山の献血犬の子、そして協力してくださる飼い主さんのお陰で沢山の命を救うことができました。本当にありがとう。



この写真は待合室につけたイラストで、わんこと猫さんの待合室の場所をわかりやすく表示しました。
すごくかわいいイラストで、気に入ってます(^o^)


来年は動物医療センター・ALOHAとQueseraseraを一緒にしたことでより動物と飼い主さんに喜んでもらえる動物病院でありたいと思います。
1月からはまた飼い主さん向け、そして獣医師向けのセミナーやイベントも今まで以上にやっていく予定です。
楽しみにしておいてください。
来年も動物医療センター・ALOHA、あそう動物病院、Queseraseraをよろしくお願いいたします。
みなさん、よい年をお迎えください。




このお盆休みの間、ALOHAは改装工事を行っていました。
もともとはいろんな手術機器で手狭になった手術室の拡張とスタッフルームの拡張が目的の改装でしたが、待合室も少しデザインの変更をしました。
待合室、受付周りでの一番大きな変更点はQueSeraSeraとの融合です。
もともとALOHAを作った時に、いわゆる西洋医学だけでなく、代替療法の提供やドッグランやドッグカフェなど楽しさも提案したいという事や、病気の動物を連れて診察に来られている飼い主さんに、ランで走ってる元気なわんこ達をみて、少しでも元気になって欲しいということでQueSeraSeraを併設していましたが、入り口を分けたせいか、飼い主さんや動物のためにいっしょにお互いのいい部分を提供するということができずにいた気がします。
せっかく飼い主さんや動物達に提供できるものがたくさんあるのにもったいないなーと思っていました。
そこで今回の改装ではALOHAとQueSeraSeraの間にあるドアを取っ払って、完全に1つにしました。
正直まだどのような感じになっていくのが自分たちでもわからない部分も沢山あります。でもALOHAとQueSeraSeraが一緒になって動物達と飼い主さんのために頑張っていこうという気持ちでいっぱいです。
工事が2回に分かれていて、今月末からはより動きやすい手術室とスタッフのみんなが快適に休憩できるスタッフルームの工事が入ります。しばらくの間カフェやランはお休みをいただくことになりますが、ご理解いただければと思います。


今回の大雨による災害で周辺地域にも大きな被害が出ています。
土砂崩れで高速が通行止めになり物流が止まっています。
となりの尾道市や三原市では断水になっており、多くの方がご不便な生活をされていると思います。
当院は尾道のすぐ隣にありますので、近隣の方で給水などでお困りの方がいらっしゃいましたら、あそう動物病院までお水を汲みに来てください。病院の開いている時間であればいつでもかまいません。

避難指示が出て、非難について家族で考えていた時、動物を連れての同伴非難の難しさを痛感しました。
うちのスタッフが問い合わせたところ、福山には動物と同伴で非難できる避難所はなかったそうです。
40万人以上いる市で、このようなことに対して事前に論議されていない事はとても残念ですし、また今まで大きな災害とは無縁だったということも、このことに関して議論されていない理由なのかもしれません。
でも動物と一緒に生活している人にとって、動物と一緒に避難できないというのは身を引き裂かれるような思いだと思います。今回も大雨の中、この子達に本当に癒されました。今回の災害を機会に、動物との同伴避難についても少し議論されたらいいなあと思っています。
そして今回の大雨で自分自身の考えの甘さも痛感しました。もっと真剣に防災について考えなければいけないですね。

まだまだ行方不明者の方も多く、多くの関連機関、ボランティアの方が救出と復旧に全力で活動されています。
本当に頭の下がる思いです。
自分には大した事は出来ませんが、日々できることを全力でやって行こうと思います。
被災されている方達で、動物のことでお悩みのことがあれば、ご連絡ください。


昨日は関口先生の皮膚科専門診療日でした。
関口先生の診察の日は先生や患者さんの笑い声が病院に響き渡ります。
関口先生の診察に来られる飼い主さんは、他の病院で治らなかった皮膚病の子達もたくさん来られます。そういう飼い主さんは家族である動物たちの皮膚の事でとても悩まれている方が多いんですが、関口先生の診察を受けているとみなさん笑顔になっていくんですよね〜。
皮膚と一緒に飼い主さんの心も治しているんだな〜って思うことがあります。
診察の終了後には近隣の先生も一緒にセミナーを受けて、その跡みんなで食事に行きます。
そこでまたみんな笑顔です(^.^)


先日の4月5日、あそう動物病院は開院20周年を迎えることができました(^_^)
なんか、信じれない気持ちです。
本当に病院に来ていただいている飼い主様やお手伝いいただいている業者のみなさん、そして支えてくれているスタッフのおかげです(T_T)。本当にありがとうございます。
毎日毎日が精一杯で、少しでも病気で苦しんでいる子を元気にしたいと思いながら、自分達の知識や技術、病院の設備などを更新しながらやってきて、気がついたら20年という節目になっていました。
実際、この20周年の日も、自分では気がつかずに仲良くしていただいている業者さんからのメールで気がついたくらいです(^◇^;)
転勤されて、当分お会いしていないのに、このような節目にお祝いのメールをしてくれるなんて、本当に素敵だなあと思います。見習わなくては!
これからも少しでも飼い主さん、動物達の力になれるように取り組んでいきたいと思います。
今後もあそう動物病院をよろしくお願いいたします。


わんこ、ねこさんのことなら
なんでもご相談ください

  • 犬や猫を飼い始めたので、いろいろ相談したい
  • 健康相談がしたい
  • 去勢・避妊手術について知りたい
  • 歯の治療について知りたい
  • 健康的な食事、暮らしについて知りたい
  • 犬や猫の腎臓病について相談したい
  • 血液透析について知りたい
  • 腹腔鏡の手術について相談したい

メールフォームでのお問い合わせ

お問い合わせはこちら

お電話でのお問い合わせ

あそう動物病院 084-930-0232

ALOHA 084-983-0232