腎臓病の犬・猫のための血液透析の設備があります



みなさんも人工透析という言葉は聞かれたことがあると思います。人では非常に一般的な治療なので、もしかしたら実際にご自身が透析をされている方もいらっしゃるかもしれません。
人工透析とは簡単にいうと低下した腎臓の機能を人工的に補うことです。ALOHAでは、腎臓病の犬・猫のために透析設備を整えています。

人工透析とは?


腎臓は再生能力のない臓器で、一度その機能が低下したら治療でその機能を取り戻すことは難しく(急性腎不全をのぞいて)、残った腎臓の機能で体が維持できなければ透析でその機能を補うしかありません。

人工透析には血液透析腹膜透析があります。血液透析は血液を一度体外に出し、その血液からダイアライザーと透析液を使って体内の老廃物を取り除き、体内に戻すというものです。それに比べて、腹膜透析はお腹の中に透析液を入れ、腹膜を介して血液中の老廃物を透析液のなかに引き込み、その透析液を体外に排出することで老廃物を除去する透析です。

腎臓には「尿素などの老廃物の除去」「電解質の調整」「水分調整」「造血ホルモンの分泌」「血圧調整」などたくさんの働きがあり、人を含めた動物はこの腎臓なしには生きていくことはできません。 この生きていくために必要な腎臓の機能を補うために透析はおこなわれます。

人では日本には約26万人の患者さんが透析をされているといわれており、非常に一般的な治療ですが、動物ではまだまだ透析が出来る病院は少ないのが現状です。

動物のための腹膜透析・血液透析の実績

あそう動物病院では以前から腹膜透析を積極的におこなってきました。腹膜透析をおこなうことで、助かった命をたくさんみてきました。そのような経験があるため、当院のスタッフは透析の重要性やすばらしさを経験として知っています。 そして、腹膜透析よりもより効率よく透析の可能な動物用の最新の血液透析器をAnimal Care-Hospital ALOHAに導入しています。 Animal Care-Hospital ALOHAに導入された最新の透析装置は人に比べて小さな動物の透析を可能にするために、動物専用に設計された透析装置です。 腎臓病は日々の診療で非常に目にする機会の多い病気です。少しでもこの透析装置がみなさんのパートナーの助けになればと思います。

私たちAnimal Care-Hospital ALOHAのスタッフも、透析をより効果的に行うために院内でディスカッションを行うだけでなく、より早期に腎臓病を診断して、透析などなしに長く健康でいられるようにアドバイスできるよう、獣医師・看護スタッフともに腎臓病のスペシャリストを目指しています。
透析の事だけでなく、腎臓病に関して、ご質問があるかたは病院スタッフまでお問い合わせ下さい。


関連キーワード

わんこ、ねこさんのことなら
なんでもご相談ください

  • 犬や猫を飼い始めたので、いろいろ相談したい
  • 健康相談がしたい
  • 去勢・避妊手術について知りたい
  • 歯の治療について知りたい
  • 健康的な食事、暮らしについて知りたい
  • 犬や猫の腎臓病について相談したい
  • 血液透析について知りたい
  • 腹腔鏡の手術について相談したい

メールフォームでのお問い合わせ

お問い合わせはこちら

お電話でのお問い合わせ

あそう動物病院 084-930-0232

ALOHA 084-983-0232