Animal Care-Hospital ALOHAでは、犬の椎間板ヘルニアに積極的に取り組んでいます



犬の椎間板ヘルニアって?

椎間板ヘルニアの話しの前に、脊髄と椎間板の話しをします。
脊髄は脳からの指令を伝えるために脊椎(背骨)のなかの空間(脊柱管)を通っています。犬の脊椎(背骨)は頸椎が7本、胸椎が13本、腰椎が7本の合計27本からできています。これらそれぞれの脊椎の間には椎間板があります。椎間板はその中心部に髄核というゼリー状の構造があり、その周囲を線維輪に取り囲まれています。椎間板は、ゼリー状の髄核により、脊椎にかかる衝撃を吸収する働きを持っています。
この椎間板が飛び出し、脊髄を圧迫するのが椎間板ヘルニアです。

椎間板ヘルニアの分類

椎間板ヘルニアはハンセン1型とハンセン2型に分けられます。

  ハンセン1型はダックスフンド、シーズー、ウェルシュコーギー、ビーグル、コッカースパニエル、ペキニーズ、ラサアプソなどの軟骨異栄養性犬種に起こりやすいタイプで、線維輪が破けて、髄核が脱出し、脊髄神経を圧迫します。軟骨異栄養犬種は椎間板が若齢のうちから変性を起こし、椎間板の衝撃吸収能力が低下します。このような椎間板に強い力が加わることで、椎間板ヘルニアを発症します。このハンセン1型の椎間板ヘルニアの多くは3〜6才の若い年齢で、急性に発生します。

ハンセン2型は加齢に伴って椎間板が変性し、厚くなった線維輪が脊髄を圧迫します。このハンセン2型の椎間板ヘルニアは成犬から老犬に多く、慢性的に経過する事が多いとされています。

胸腰椎椎間板ヘルニアの重傷度

椎間板ヘルニアはその重症度によって5つのグレードに分けられます。
特にグレードの4〜5の差は、予後の差に非常に大切で、グレード4とグレード5では治療後の改善率が大きく異なります。とくにハンセン1型を起こしやすいダックスなどの犬種は、昨日までグレード1だったのに、いきなりグレード5に移行することもあるため、内科療法選択した場合、治療ををおこなっている間にグレードの進行が起こっていないかの注意することはとても必要です。

グレード症状
グレード1脊椎痛。麻痺はないが、脊椎(背骨)に痛みを感じ、動物は運動を嫌い、いつもは上り下りできる段差を上り下りできなくなったり、飼い主さんが抱きかかえたときに痛みを訴えて鳴くことがあります。
グレード2麻痺、運動失調。動物は歩行可能だが、後ろ足の力が弱くなり、ふらふら歩いたり、足先をすりながらあるいたりします。
グレード3麻痺。後ろ足を自分で動かすことができなくなり、引きずって前足だけで歩くようになります。
グレード4排尿麻痺。自分の意志で排尿ができなくなります。膀胱はいつも尿がたまった状態で、ぽたぽたと垂れ流しのようになります。
グレード5深部痛覚の消失。一番最後になくなる深部痛覚までなくなった状態です。後ろ足を鉗子などで強くはさんでも痛みを感じません。

椎間板ヘルニアの治療

椎間板ヘルニアの治療は大きく分けて内科療法外科療法に分けられます。

内科療法

内科療法は脊髄の圧迫の軽度な子、症状の軽い子に対しておこなわれます。ただし、ダックスのような軟骨異栄養犬種はグレード2(不全麻痺で歩行可能)でも、CTなどの検査をおこなうと、圧迫は重度な場合もあります。このような子の場合、内科療法をおこなっても症状が進行したり、急に歩けなくなったりすることもあるため、このような犬種では今の症状が軽いからといって安心はできません。

内科療法の基本は安静になります。安静というのは散歩などに行かないという程度のものではなく、ケージレストといって、トイレなどに出すとき以外は、狭いケージの中でじっとさせておくというかなり積極的な安静が必要です。安静の期間は脱出した椎間板が安定する4〜6週間は必要となります。
また、内科療法では、NSAIDS(非ステロイド系消炎鎮痛剤)またはステロイドの内服やその他薬物、レーザーなどを併用する場合があります。ただし、口を酸っぱくしてお話ししますが、最も大切なのはケージレストによる安静で、薬物は補助的なものでしかありません。飼い主さんの中には薬は飲ませることで安心してしまい、ケージレストを守れない方がいらっしゃいます。確かに6週間ケージの中に入れておくのはかわいそうかもしれません。しかし、ケージレストが守れずに、一生歩けなくなることもありえるかもしれません。内科療法を選択した場合は、くれぐれもケージレストを守って下さい。
また、内科療法の場合、外科療法に比べると再発率が高い(1/3に再発がみられたという報告があります)ため、グレード3以上では外科手術をおすすめしています。

外科療法

外科療法はいわゆる手術のことです。外科療法で最も大切なことは、原因となっている椎間板の場所を特定することです。当然ですが、異なる椎間板の場所を手術しても改善はしません。
手術の場所を特定するためには、脊髄造影、CT、MRIなどの検査をおこないます。
当院では脊髄造影よりも、より正確に場所の特定ができるCT検査をおこなって、手術をおこなっています。
手術では、原因となっている脱出した椎間板物質を摘出しますので、術後は基本的にはケージレストは必要としません。術後は早期にリハビリをおこなっていきます。

胸腰部椎間板ヘルニアグレード別・治療別回復率

グレードによる内科療法と外科療法の改善率の表を下にのせておきます。これは報告により、多少異なりますが、おおむね似たような数字になっています。ここに記載しているのは、僕がいつも飼い主さんにお見せしているものです。


グレード症状内科療法外科療法
グレード1疼痛のみ90%90%
グレード2不全麻痺、運動失調、歩行可能85%95%
グレード3麻痺、自力歩行不可85%90%
グレード4麻痺、自力排尿不可40%90%
グレード5深部痛覚消失<5%60%

この表を見て頂いてもわかるように、グレード3までは内科療法に比べて外科療法は5%程度改善率が高いだけです。ただ、グレード5になると、内科療法では改善率は5%以下で、外科手術でも改善率は60%程度です。また、ダックスのような犬種はグレード3や4から急にグレード5に進行する事があるので、当院ではグレード3以上では手術をおすすめしています。


わんこ、ねこさんのことなら
なんでもご相談ください

  • 犬や猫を飼い始めたので、いろいろ相談したい
  • 健康相談がしたい
  • 去勢・避妊手術について知りたい
  • 歯の治療について知りたい
  • 健康的な食事、暮らしについて知りたい
  • 犬や猫の腎臓病について相談したい
  • 血液透析について知りたい
  • 腹腔鏡の手術について相談したい

メールフォームでのお問い合わせ

お問い合わせはこちら

お電話でのお問い合わせ

あそう動物病院 084-930-0232

ALOHA 084-983-0232