今日は東京まで日帰りで田内先生といっしょに高濃度ビタミンC点滴療法のアドバンスセミナーに行ってきました。
ここ数ヶ月、高濃度ビタミンC点滴療法や免疫療法のセミナーに行ったり、実際に病院でおこなっていると、化学療法のような強いお薬を使って癌をやっつけていくことも治療の1つだけど、副作用の少ない薬や食事管理などをおこなって癌と共存する、いわゆる「癌休眠療法」も選択肢のひとつだなあ〜とつくづく思います。
たしかにリンパ腫のように化学療法が奏功する可能性の高い腫瘍もあります。このような腫瘍には化学療法は十分選択肢の1つです。でも、効果の期待できない、あるいは効果の少ない癌にたいして化学療法(抗がん剤)を使用して、免疫力が低下し、逆に状態を悪くしてしまうということは避けたいと考えるようになりました。
あそう動物病院とAnimal Care-Hospital ALOHAは癌に対する治療として、手術や化学療法の選択肢もおこないますが、それ以上に「栄養療法」や「高濃度ビタミンC点滴療法」を含めたある程度エビデンスがあり、なおかつ副作用の少ない治療や「活性化自己リンパ球療法」などの免疫を維持・上昇させる治療を今まで以上に自信を持っておすすめしていこうと思っています(Animal Care-Hospital ALOHAの場合はHolisticShop QueSeraSeraを併設しているので、それ以外にもホメオパシー、フラワーレメディー、ドックマッサージ、温灸なども治療の選択枝としててご提供できます)。
今日のセミナーで会長の柳澤先生が言われた言葉がとても印象的でした。
「どの癌にも進行を止める鍵が必ずある。その鍵は1本だけとは限らない。2本あるいはそれ以上かもしれない。鍵を1本見つけるたびに癌は進行を緩める。その鍵を1本ずつ患者さんと一緒に探すこと、それが私たちの仕事である」


昨日は東京まで高濃度ビタミンC点滴療法の認定医試験を受けてきました。マークシートのテストなんて久しぶり。結果は1ヶ月後ということですが・・・受かってて欲しい。
でも、この治療って、勉強すればするほど、自分も受けたくなる治療なんですよね。実際、人でこの治療をされている先生は、自分でされている方も多いみたいです。その気持ちよくわかるなあ。
この会場には多くの人のお医者さんに混じって、数名の獣医師が参加していました。ただ、どの方が獣医師の方なのか分からなかったんですよね〜。同じ気持ちで参加しているもの同士、交流をしたいものです。

ああ、それとやっとAnimal Care-Hospital ALOHAにも歯科ユニットが入りました。歯科ユニットとは、いわゆる歯医者さんのベットについている歯を削ったり、洗浄したり、吸引したりができる器械です。
これがあるとないでは、できる歯科処置に大きな差が出ます。これであそう動物病院だけでなく、ALOHAでも一般の先生には難しい抜歯などの処置だけでなく、歯内療法(歯の中の歯髄を抜いて、詰め物をする治療)などもできるようになりました。


わんこ、ねこさんのことなら
なんでもご相談ください

  • 犬や猫を飼い始めたので、いろいろ相談したい
  • 健康相談がしたい
  • 去勢・避妊手術について知りたい
  • 歯の治療について知りたい
  • 健康的な食事、暮らしについて知りたい
  • 犬や猫の腎臓病について相談したい
  • 血液透析について知りたい
  • 腹腔鏡の手術について相談したい

メールフォームでのお問い合わせ

お問い合わせはこちら

お電話でのお問い合わせ

あそう動物病院 084-930-0232

ALOHA 084-983-0232