犬猫のガン治療も、人間と同じように手術、放射線、抗がん剤(化学療法)が一般的です



人と同じように動物たちも生活環境や食事、医療の発達で寿命が延び、むかしでは考えられなかったような病気が動物たちを苦しめるようになってきました。
その病気とは心臓病や腎臓病、そして悪性腫瘍・・いわゆるガンです。
動物の癌の治療も人と同じように標準治療と言われている手術、放射線、抗がん剤(化学療法)が一般的です。

ガンに対する標準治療

  1. 手術
  2. 放射線療法
  3. 化学療法(抗がん剤)

局所療法

この中で手術と放射線療法は局所療法といって、ある部分にできているガンを直接やっつけていく方法です。この段階で治療ができて、手術で完全に取り除くことができた場合は、それで完治することも少なくありません。
でも、手術をしたけど取り切れていない場合、または病理検査で脈管内浸潤といって転移が疑われる場合、またははじめから何らかの理由で手術することができない場合(高齢で麻酔のリスクが高い、あるいは大きすぎたり、場所的に手術ができないなど)は一般的には全身療法である化学療法(抗がん剤)が次に選択される治療になります。

化学療法

ただ、人でもそうですが、明らかに化学療法が効果があると証明されているガンはあまり多くはありません。そのような中でも可能性にかけて化学療法をして、その副作用で逆に生活の質を下げてしまったりすることが人の方でも問題になっています。
もちろん化学療法(抗がん剤)の非常に効果が期待できるガン(リンパ腫など)もありますし、人では最近は分子標的薬という新しいガンだけを選択的にやっつけていく薬がどんどん開発されており、今後ガンの治療は大きく変わっていくかもしれません(動物では現在使える分子標的薬は数種類で、適応になる腫瘍もそれ程多くはありません)。
私たちは毎日のように、このがんをかかえた動物たちの診察していて、いつも考えていることがあります。
「どうしたら、この子と飼い主さんが1日でも長く楽しくいっしょにいることのできる時間をつくってあげれるだろうか?」

身体に優しいガン治療

もちろん手術で完治やQOLの改善が期待できるものに対しては手術をし、化学療法(抗がん剤)の期待できるものに対しては化学療法をおこなっています。しかし、今後転移が起こってくるかもしれない子、すでに手術の適応ではなく徐々にガンで身体がむしばまれている子高齢で標準治療が難しい子、もちろん飼い主さんのお考えで化学療法を受けたくないという子もいます。そのような子達にも副作用がほとんど心配なく、安全におこなうことができ、そしてなおかつ効果も期待できる治療。 その治療として私たちの出した答えが、この「身体に優しいガン治療」です。 現在、当施設でおこなっている「身体に優しいガン治療」は

  • 活性化リンパ球療法(CAT)
  • 樹状細胞療法(DC)+活性化リンパ球療法(CAT)
  • 高濃度ビタミンC点滴療法
  • オゾン療法(オゾン注腸、血液オゾンクレンジング)

の四つです。
これらの治療を動物の状態や飼い主様のお考えやご意向なども含めてカウンセリングをおこない、その子その子にあった「オーダーメイドのガン治療」をおこなっています。

飼い主さまと犬・猫の楽しい時間のために

おそらくこのような治療は多くの先生方から見たらつまらない治療に思われるかもしれません。
でも、僕は自分といっしょに生活している動物がガンになった時に、してあげたい治療を当院に来院されている動物たちにもしてあげたい。
たとえ最後にはガンによって命を落とし、かなしいお別れが来るかもしれません。でも、ぎりぎりまでその子の苦しみを少なく、飼い主さんとのたのしい時間を作ってあげたい。そういう治療を私たちは誇りを持って取り組んでいます。


わんこ、ねこさんのことなら
なんでもご相談ください

  • 犬や猫を飼い始めたので、いろいろ相談したい
  • 健康相談がしたい
  • 去勢・避妊手術について知りたい
  • 歯の治療について知りたい
  • 健康的な食事、暮らしについて知りたい
  • 犬や猫の腎臓病について相談したい
  • 血液透析について知りたい
  • 腹腔鏡の手術について相談したい

メールフォームでのお問い合わせ

お問い合わせはこちら

お電話でのお問い合わせ

あそう動物病院 084-930-0232

ALOHA 084-983-0232