先日、猫の尿管閉塞とSUBシステムの発表をしてきました。
僕はいつも自分のMacを持ち込みで発表するんですが、発表直前にスライドトラブルがあって、ちょっと慌ててしまいました(^_^;
発表の内容は猫の尿管閉塞の症例にSUBを入れた子の予後や改善率、合併症などについての発表だったんですが、その発表の中で僕が最も言いたかったことは、皆さんがただの腎臓病と誤診している子の中に尿管閉塞の子がものすごくたくさんいて、本当は助かる命を落としてるんですよ〜と言うことです。
血液検査しかしないで腎臓病と診断する先生は論外ですが、エコーなどをおこなっても、腎盂の拡張が軽度でも実は閉塞している子もたくさんいますと言うことをCT、エコー、レントゲンなどの画像を使って説明しました。少しでも多くの先生に響いてくれてたらいいんですが。

昨日も腎不全と診断されたねこさんが来院されました。数値はかなり高くて危険な状態でしたが、エコー検査をすると腎盂の拡張があり、尿管閉塞の可能性が高そうです。こういう子がたくさん来院されます。
遠方からも来院されますし、問い合わせをいた抱くこともあります。遠方からの問い合わせの場合、直接診察ができないので、いい加減な事は言えませんからお近くの先生で画像の検査をしてもらって下さいとお伝えしますが、お話しを聞く限りでは尿管閉塞を疑う子がかなりいます。
最近は猫の尿管閉塞の事もやっとクローズアップされてきましたし、SUBなどの手術ができる先生も増えてきていますが、まだまだ多くの先生が診断できずに見逃しているのは確かです。なんとかならないものかなあ。


わんこ、ねこさんのことなら
なんでもご相談ください

  • 犬や猫を飼い始めたので、いろいろ相談したい
  • 健康相談がしたい
  • 去勢・避妊手術について知りたい
  • 歯の治療について知りたい
  • 動物に負担の少ない治療について知りたい
  • 健康的な食事、暮らしについて知りたい

メールフォームでのお問い合わせ

お問い合わせはこちら

お電話でのお問い合わせ

あそう動物病院 084-930-0232

ALOHA 084-983-0232