ワクチンは命に関わるような病気から守ってくれる大切なものだということは多くの飼い主さんもご存知だと思いますが、でも本当に毎年必要なの?って思われている飼い主さんもきっとたくさんいらっしゃると思います。
確かにワクチンはいい事ばかりでなく、有害反応(いわゆる副作用)もゼロではありません。よく知られている副作用にはアレルギー反応があると思います。ひどい場合はアナフィラキシーショックを起こして亡くなることもあると言われています。僕も今まで数例経験がありますが、幸いみんな病院にいる間に症状が出たので、すぐに対処して大きな問題になることはありませんでした。それ以外にムーンフェイスという顔が大きく腫れてしまうような副作用や、注射した場所の痛みや腫れ、それ以外の体調不良などを起こす場合もあります。
また、このようなワクチンによる直接の副作用だけでなく、免疫疾患などを誘発する可能性なども記載されていたりします(ただ、これはワクチンだけでなく様々な種類の薬などでも起こる可能性はあると言われていますし、実際に起こる免疫疾患のうちの多くはワクチンや薬物以外の原因で起こっているので、すべてがワクチンのせいではないことは間違えないでくださいね)。
でもそういう理由もあって必要でないのであればワクチン接種の回数を減らしたいというのはどの飼い主さんも思われると思います。
今まで当院ではワクチンに対して副作用が出た子や、飼い主さんがわんこに対する負担を少なくしたいのでできるだけワクチン接種を減らしたいとお申し出があった場合は、ワクチン抗体検査のご提案をしてきました。
ただ、このワクチン抗体検査が外注検査で結果が出るまでに少し時間がかかるという問題もあって、多くの飼い主さんにオススメするまでは行っていませんでした。
今回、院内でワクチン抗体検査をする事ができるようになったので(ワクチチェックといいます)、先月から少しずつ飼い主さんに対しておすすめしています。このワクチン抗体のチェックで十分抗体があれば1年ワクチンを飛ばす事ができます。
ワクチチェックで検査ができるのはコアワクチンといわれるパルボウイルス、ジステンパーウイルス、アデノウイルスのワクチンが効いているかどうかのチェックです、このチェックですべてのウイルスに対するワクチンの効果が残って入れば1年ワクチンを飛ばす事ができますし、もしパルボだけ効果がなければパルボだけのワクチンを接種すればいいことになり、できるだけ余分なワクチンを体に入れないようにする事ができます。
今までも抗体検査をしていて感じていましたが、ワクチンの効果にはすごく個体差があって、ものすごくよく効いてる子もいれば、すごく抗体の上がりが悪くて1年もつのがやっとという子、全くといっていいほど抗体が上がっていないノーレスポンダーというワクチンに対する反応の悪い子もいます。このワクチチェックをする事で、このノーレスポンダーの子も判断する事ができ、他の子に比べてウイルス感染に気をつけなければいけないという事もわかるようになります。
つまり、その子その子に合わせたワクチン接種ができる「オーダーメイドのワクチンプログラム」を組む事ができます
ワクチチェックが終わった後には、ワクチン証明書のようにワクチチェックでワクチンがまだ効果が出ていることを証明する証明書も発行しています。
ただ、先程も書きましたが、このワクチチェックができるのはコアワクチンだけになりますから(正確にいうと狂犬病のワクチンもコアワクチンなので、狂犬病を除いたコアワクチンということになります)、お散歩に行ったり、ドッグランに行ったり、トリミングに行ったりと他のわんこと接触する可能性のある子はレプトスピラのワクチンの接種は必要になります。レプトスピラは細菌のワクチンで、もともと効果の持続が1年程度なので、このワクチンは毎年の接種が必要なんです。
ただ、ワクチンの有害反応はワクチンが多価といって1本のワクチンにたくさんの病気のワクチンが入ってるほど起こしやすいと言われていますので、すこしでもワクチンの種類を減らすことはとても意味があることだと思っています。


わんこ、ねこさんのことなら
なんでもご相談ください

  • 犬や猫を飼い始めたので、いろいろ相談したい
  • 健康相談がしたい
  • 去勢・避妊手術について知りたい
  • 歯の治療について知りたい
  • 健康的な食事、暮らしについて知りたい
  • 犬や猫の腎臓病について相談したい
  • 血液透析について知りたい
  • 腹腔鏡の手術について相談したい

メールフォームでのお問い合わせ

お問い合わせはこちら

お電話でのお問い合わせ

あそう動物病院 084-930-0232

ALOHA 084-983-0232