脱毛や痒みの原因は一つではありません

動物が痒みを感じたり、脱毛を起こす原因は一つではありません。また、いくつかの原因が複合していたり、皮膚だけでなく内臓の病気などでも皮膚に症状を出す場合もあります。
これらの様々な原因でおこる皮膚病を治療するためには、その原因をひとつひとつ診断していかなければいけません。痒みがあるからすぐにステロイドを使ったりするだけでは、確かに一時的に痒みはとれることもあるかもしれませんが、なんの解決にもなりません。
当院ではその原因を診断するため、皮膚スタンプ検査、抜毛検査、皮膚掻爬検査、血液IgE検査、ホルモン測定、皮膚病理検査などを症状にあわせておこない、まず原因を見つけるところからはじめていきます。

飼い主さんといっしょに治療をおこないます

原因がわかっても、治療ですくに改善する病気もあれば、治療に時間がかかる病気もあります。
皮膚の治療のためには日々の観察やお手入れ、食事の管理や投薬など必ずと言っていいほど飼い主様のご協力が必要になります。
ALOHAでは飼い主様と共に動物を治していくという姿勢で取り組んでおり、動物と飼い主様にとって最善の治療は何かをご相談の上で決めさせていただいております。つまり同じ病気であっても、その子その子にあった、オーダーメイドの治療を行っています。

ステロイドに頼らない治療を心がけています

今、動物たちにはアレルギーやアトピー性皮膚炎が原因で痒みや脱毛を起こす子が非常に多くなっています。これらの病気は体質がおおきく関係しているため、完治させるということは困難な場合が多く、スキンケアや食事、投薬などによって症状を緩和したり、コントロールしていくことが大切になってきます。
このような病気に対して、ただ、痒みがとれるからと言って、安易にステロイドを処方することにわたしたちは疑問を感じています。
自分や自分の子供達がアトピーと診断されたとして、ステロイドを簡単に使うことに納得ができますか?
アレルギーやアトピー性皮膚炎に対して、私たちは可能な限りステロイドに頼らない治療をご提案させていただいております

ただし、皮膚の病気の中には治療にステロイドが必要なもの、あるいはステロイドを使用することで治療をスムーズに行えるものがあるのも確かです。このような病気に対してはステロイドを使用しますが、ステロイドを使用するということを事前にご説明いたします。


わんこ、ねこさんのことなら
なんでもご相談ください

  • 犬や猫を飼い始めたので、いろいろ相談したい
  • 健康相談がしたい
  • 去勢・避妊手術について知りたい
  • 歯の治療について知りたい
  • 健康的な食事、暮らしについて知りたい
  • 犬や猫の腎臓病について相談したい
  • 血液透析について知りたい
  • 腹腔鏡の手術について相談したい

メールフォームでのお問い合わせ

お問い合わせはこちら

お電話でのお問い合わせ

084-930-0232

営業時間:10:00〜12:00、15:00〜18:00
休診日 :木曜、祝日