オゾン療法とは

オゾン療法って聞かれたことがありますか?
まだ日本ではあまり一般的な治療ではありませんから、この治療をご存じの方は少ないかもしれませんね。でもヨーロッパではかなり広くおこなわれている治療で、特にドイツでは健康保険が適応される効果と安全性が認められた治療です。
オゾン療法はオゾンガスを使っておこなう治療の全般をそう呼びますが、その中にはオゾンガスと血液を混ぜて体内にもどす血液オゾンクレンジングというものや、痛みを起こしている周辺に注射で入れる方法、肛門からオゾンガスを注入する注腸など様々な治療があります。
また、オゾンガスを溶け込ませた水は強い殺菌作用を持つので、皮膚炎や外傷などの治療に使われたりもしています。

オゾン療法の適応(効果が期待できる病気)

悪性リンパ腫などのがん
免疫力をあげることでがん細胞の増殖を抑制したり、抗がん剤の副作用を軽減する効果が期待できます。
関節炎や椎間板ヘルニア
血液の流れが良くしたり、炎症を抑えたり、痛みを軽減する効果が期待できます。
アトピーやアレルギー、感染症などの皮膚疾患
抗アレルギー作用や殺菌作用で皮膚症状の改善や痒みの軽減が期待できます。
様々な病気の治療の補助療法として
オゾン療法は様々な病気で治療している子に対して補助療法として有効です。どのような病気で治療している子でも、オゾン療法を併用することで、病気の回復や治癒が早まることが期待できます。
高齢に伴う様々な症状
血液循環がよくなるので痴呆や前庭疾患などの脳の病気が改善する事が期待できます。また、免疫のアップすることで、食欲不振などの様々な加齢に伴う症状が軽減されることが期待できます
アンチエイジング
少しでも元気でいっしょにいられるように、オゾン療法のアンチエイジング作用に期待。

オゾン療法の手順

まずは診察をさせて頂いて、その子がオゾン療法に適しているかの問診や診察をおこないます。
その後、飼い主さんとどのようなオゾン療法を行うか(注腸法や血液オゾンクレンジングなど)、またどのような頻度で治療をおこなっていくかをご相談します。
そこまで決まったら、オゾン療法のスタートです!

注腸法

その子の体重にあわせたオゾンガスを注射器に吸入し、それをカテーテルを使って肛門から腸の中に注入します。
痛みも無く、処置の時間は2〜3分です。

血液オゾンクレンジング

その子の体重にあわせた血液をまず採血します。
そして採血した血液量にあったオゾンガスと血液を注射器の中で混ぜ合わせます。このオゾンの溶け込んだ血液を動物に血管から戻していきます。
処置の時間は20〜30分程度です。

Animal Care-Hospital ALOHAで使用しているオゾン療法の機械は、ドイツ製のドイツで実際人の治療に使われている医療用のオゾン発生装置で、日本で人におこなわれているオゾン療法でも最も使われている機械を使用しています。信頼性の高い機械なので安心して治療を受けていただけます。



わんこ、ねこさんのことなら
なんでもご相談ください

  • 犬や猫を飼い始めたので、いろいろ相談したい
  • 健康相談がしたい
  • 去勢・避妊手術について知りたい
  • 歯の治療について知りたい
  • 健康的な食事、暮らしについて知りたい
  • 犬や猫の腎臓病について相談したい
  • 血液透析について知りたい
  • 腹腔鏡の手術について相談したい

メールフォームでのお問い合わせ

お問い合わせはこちら

お電話でのお問い合わせ

084-930-0232

営業時間:10:00〜12:00、15:00〜18:00
休診日 :木曜、祝日